日本業務食品は、更なる拡大を目指して品揃えを増やすと共にOEM生産、新チェネル開発などを展開しています。

Home

postheadericon アルギン酸について

アルギン酸は食物繊維の一種で不溶性食物繊維のアルギン酸カルシウムと水溶性食物繊維のアルギン酸カリウムがあります。
いずれもわかめや昆布などの海藻類に多く含まれています。わかめなどのヌルヌルは、水溶性のアルギン酸カリウムです。

弊社日本業務食品株式会社では、海藻クリスタル・海藻麺・海藻サラダ麺・海藻ビーズ・サラダちゃん・サクラちゃん・菜の花ちゃん・トサカのり・赤のり・赤杉のりの製造販売を行なっております。


水溶性のアルギン酸カリウムは胃の中に入ると、アルギン酸とカリウムに分解されます。切り離されたカリウムは吸収され利用。
その後、小腸に達したアルギン酸は今度はナトリウムと結合し、アルギン酸ナトリウムとなり体外に排出されます。

つまり、高血圧の原因となるナトリウムの排出作用と、血圧を下げる働きのあるカリウムを摂取できるという一石二鳥の効果があると言われています。

また、ぬめりの効果で余分なコレステロールを包み込み、体外に排出する作用も。これは悪玉のLDLコレステロールのみに働くので、効果が大きいと言われています。
一方、アルギン酸カルシウムは胆汁酸を吸収して、排泄する作用があります。これにより、胆汁酸の原料であるコレステロールの過剰を防ぎます。
また、アルギン酸カリウムと同様、ナトリウムの排出作用もあると言われています。

アルギン酸は、厚生労働省許可の特定保健用食品に指定されています。

特定保健用食品とは、 からだの生理的機能などに影響を与える保健機能成分を含んでおり、血圧、血中のコレステロールなどを正常に保つことを助けたり、お腹の調子を整えるのに役立つなどの、特定の用途のために利用されることを趣旨とした食品です。

アルギン酸の安全性はFAO.WHOで評価され、最も安全な物質のひとつに数えられています。